初心者オヤジトレーニー必須の筋トレアイテムとは?(その2)

 

 

ポンコツオヤジトレーニーを救え!

 

こんにちは。ビバ筋です。

 

初心者オヤジトレーニーの最初にして最大の筋トレテーマはなんといっても「ケガ対策」であります。

 

とにかく50年以上生きてるオヤジという生き物はけっこうな「ポンコツ」になっております。

 

会社、家庭内と右を向いても左を見ても馬鹿と阿呆の絡み合いではないですが、そんな連中と年がら年中戦ってきたのですから、そのストレスたるや・・・ご愁傷様です。

 

当然知らず知らずのうちにオヤジの体はストレスというバケモノに食い散らかされてしまっているのは想像に難くありません。

 

「馬鹿言うな。俺だって昔はなあ!」とイキがってる人もいるでしょうが、そんな人ほど過信して無茶をする。そして大後悔の旅に出かけてしまう。いつ帰ってくるのかわからない。

 

ああ、あの時禅造の言葉を聞いてれば・・・。

 

少々大袈裟ですが、一瞬ですからね。やっちゃうのは。「ほんの1秒でもいいから時をもどしてくれ!」と叫んでも後の祭りなのです。

 

まずは「俺の体はポンコツである」。これを胸に刻んでください。

 

そんなポンコツの体にムチ打つかのようにわざわざ重たいものを上げたり下げたりするのですから、しっかりと愛情持って(≒金かけて)せめてあなただけはあなたの体を守ってあげてください。

 

このブログもしばらくはケガについて語っていきたいと思っております。

 

そういうわけで、前回お知らせしたとおり、今回は禅造愛用のトレーニングギア(サポーター)どもをご紹介。

 

こいつらがいないと筋トレなんて恐ろしくてできません。実際、私にとっては単なる道具、カッコつけて言うところの「ギア」ではなく「相棒」でございます。ほとんど擬人化しております。

 

ときどき語りかけたりして・・・・・はたから見るとヤバいかも。それくらい大事な奴らなのです。

 

最低限揃えるべき筋トレギア

 

筋トレギアにもいろいろありますが、私が絶対必要と考えているのは以下の4点。

 

「リストラップ」「ベルト」「パワーグリップ」「エルボーラップ」です。

 

①「リストラップ」

 

これは3年ほど使っているのかな?「YANO’SGYM」のやつで50㎝と長めのほうです。長い方がガッチリ巻けて安心感あります。

なんつってもこれないとベンチプレスで手首逝かれまっせ。4000円弱だったと思います。

しっかりと巻きついてくれますが、結構ビロンビロンになってるのでそろそろ替え時かな?

(4月19日 追記)

リストラップ買い換えました。さすがにビロビロで緩んできたので。新しいのはコチラ。

ボディビル世界チャンピオンの山岸秀匡プロ愛用のGASP(ガスプ)のリストラップ

短めですが手首がっちり固まります。なんといっても山岸さんご愛用ですから。気分だけは「ビッグ・ヒデ」であります。

 

②「ベルト」

 

まさか初心者50オヤジトレーニーでベルト無しでスクワットするなどという愚か者はおらんでしょうな?というくらいポンコツには必須のギア

 

私が最初に購入したのが上のゴールドジム製のやつ。最初はサイズが合わなかったのですが交換には応じてもらえました。当時ウエスト90センチくらいだったのですがMでいけました。

ただ、セットが終わるたびにベルトを緩めたほうがよいと何かで聞いたので現在はこちらのマジックテープで簡単に脱着できるベルトを愛用してます。スクワット以外でも使いますね。腰回りを殺っちまわないように。

(後ろ)

 

(前)

 

(装着時 背中側)

 

(装着時 腹側)

 

黒に黒でわかりにくいですね。ごめんなさい。

マジックテープ式は簡単でいいのですが適当に締めるとガチでスクワットやる時(MAX回数挑戦とか)外れる場合があるのでご用心。ガチの時は革に変えてたりもします。

 

 

③「パワーグリップ」

 

デッドリフト、チンニング(懸垂)、ローイング系にこれまた必須のギア。

箸より重いものが持てなくなったオヤジトレーニーはあっという間に握力が無くなるのでこれ無しでは筋トレそのものが不可能になります。

 

本来、背中を意識して鍛えるべきなのにグリップに気を取られるとトレーニングの意味を為しません。私はゴールドジム製を愛用してますがサスガの丈夫さでガンガン重さを追求できます・・・と言いたいところですが、実際はギアのポテンシャルに体がついていってない状況です。情けないですがガチで頼りになるギアです。

 

パワーグリップと同じような働きを持つものに「リストストラップ」があります。(「リストラップ」と混同しないように。)ビローンと長いヤツをバーに巻きつけて握力の補助をしてくれるやつです。

 

ジムに通うようになると、ベテラントレーニーがブラブラさせながらジムをふらついてるのを見ることがあると思います。カッコイイです。

 

巻きつけるのにコツがいりますがパワーグリップよりも高重量を扱えるというのが大きな特徴。ということは初心者オヤジトレーニーはまずはパワーグリップで、後に高重量をあつかえるようになってからストラップでいいのではと思います。

 

私も持ってますが、そんな高重量は扱わないし私の可変式ダンベル(別途、ご紹介します。)では扱いにくいので基本、パワーグリップしか使ってません。

といいつつリンクだけは貼っときます(テヘペロ)。

 

④「エルボースリーブ」

 

肘のサポーターです。私、その昔は野球小僧でございまして。肘(右)を壊してます。(ピッチャーでもないのに。サードの補欠なのに。)

これ無しでベンチプレスをすると、翌朝右肘がロックされたように固まります。

熱もでます(肘が熱い)。

 

加えて左も外側に強い痛みがあります。こりゃあかんと思い急いで購入したのが写真のSBD製のもの。

(半分に折って装着して・・・)

(伸ばして完了)

はめる時は半分に折ってはめるのですが結構きつくなってますので少し時間がかかります。

その分、ガッチリとホールドしてくれます。

 

これを使うようになって翌朝の痛みや熱は激減しました。全くないわけではないのですがその日のうちに痛みは忘れます。

わたし的にはこれ無しでベンチプレスは自殺行為に等しいです。

ちなみに私のエルボースリーブは期間限定のものです。リンクは通常品になります。

 

 

以上、ポンコツオヤジトレーニーに必須のギア4つをご紹介しました。

 

くどいようですがオヤジの体は長年のストレスで思った以上にボロボロです。

 

サポーターの効果は心因的ものだ!必要ない!という意見もあるようですが「気のせい」と言いたいのでしょうが結構じゃないですか。気のせいでもなんでもそれによる安心感が生まれたての小鹿みたいな初心者オヤジトレーニーには大事なのです。

 

オヤジトレーニーは小金を惜しんではいけません。グッズをあーでもないこーでもないと情報を集めながら選ぶ時間も楽しいものです。

 

それではみなさん!ご一緒に!

 

「Let’s Workout!」

 

 


人気ブログランキング

↓もあと1レップじゃなかった1クリックお願いしまっす!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村